甲津原漬物加工部

 
作業の様子(よもぎ)  


<更新日 2016年6月1日>


甲津原漬物加工部は
甲津原交流センターの左に
入口があります。

パンフレット作成
<2014 11月>
                       
                       甲津原漬物加工部の経歴 
  
  昭和58年   みょうがの生産が始まり、みょうが生産組合が設立。
集落で特産化しようという動きとなる。生みょうがを当初は京都市場にも出荷。
  昭和61年  小ぶりのみょうがは安値でしか買ってもらえないので加工し、販売することになる。
栽培から3年目、みょうがの生産組合の女性8人で「加工部」と名付け漬物を作り始める。
みょうがの粕漬けやしば漬け。梅など販売。
  昭和62年  農林水産まつりのふるさと食品コンクールで、みょうがの粕漬けで「知事賞」を受賞。
甲津原漬物加工部設立。
  平成 3年  真空機・熱湯消毒機導入。商品を5品目に増やす。
全て地元甲津原で採れたものにこだわる。
  平成 6年  ジョイ伊吹(伊吹薬草の里文化センター)へ毎週土曜日に対面販売へ行く。
山菜弁当始める。
  平成 7年  平成7年3月17日。中日賞を受賞。
  平成 8年  赤かぶらの酢漬け販売。
  平成 9年  甲津原交流センター設立。
一角に漬物加工部の加工場が出来る。
  平成10年  平成10年3月7日。農業生産者大会で表彰。
  平成11年  漬物寿司を販売。
  平成12年  平成12年7月27日。全国農業コンクールで全国大会東海近畿地区代表として出品出場。名誉賞。
  平成13年  平成13年11月2日。東京にて山菜弁当作る。食アメニティコンテストで農林水産大臣賞を受賞。
笹麦茶販売。
  平成14年 菊寿司販売。 
  平成15年 餅販売。 
  平成16年 味噌作り始める。 
  平成18年  売店喫茶麻心magokoro(甲津原交流センター内)で土日祝日のみ、漬物や味噌を販売。
  平成21年 大豆あん入りのとち餅とよもぎ餅販売。 


 2015 7月〜

 装いも新たに リニューアル
    「新!山の幸弁当」

                 

甲津原漬物加工部は、
甲津原交流センターを拠点に
活動しています。
昭和61年、「ミョウガのかす漬け」の商品化でスタートした活動は
昭和62年の湖北農林水産まつりで県知事賞
平成13年の食アメニティコンクールでは
農林水産大臣賞
をいただきました。

地元特産のみょうがや赤カブラ・山菜・わさびを使った
漬物や
梅干
麹と大豆の昔ながらの米味噌などを
作っています
また、大豆あん入りのとち餅や、よもぎ餅・
山菜弁当なども
作っています



加工部の作業の様子

 味噌つき
   
     
 大豆と麹を混ぜて・・・味噌つきの様子  毎年 12/10  頃

*味噌は、11月の終わりから12月、2月と仕込んでいます。



梅干し作り
しそちぎりとしそもみ 毎年7/16頃
     
 青梅を洗っています。 6/25頃   
梅雨の晴れ間 梅干しの様子 毎年7/8頃
梅の二度干しの様子 毎年7/28頃


とち餅作り
 
とちの実 大豆あん入りとち餅を作りました 2/20(土)
この日は予約の「おけそく餅」や「とち餅の平餅」など
全部で4升分作りました


赤かぶの漬物
赤カブラを切って塩漬けします 1/25(月)頃  


切り干し大根
     
 切り干し大根の作業風景 4/15 



各種体験教室のメニュー

甲津原漬物加工部では各種体験教室も
ご希望に応じて実施しています

体験の種類と金額・実施月等
みょうが漬け体験(しば漬け等)

・・・9月
味噌つき体験           
           
12月頃
 とち餅づくり体験

1臼(2升)・・・(年中)
   
よもぎ餅づくり体験

1臼2升
相談に応じます
白餅づくり体験

1臼(2升)
相談に応じます


お客様の人数ご予算に応じご相談にのります
ご予約は
加工部 代表 山崎 トミ子
電話番号・FAX 0749−59−0225(自宅)
携帯電話番号      090−4031−8202


漬物などの商品

2016 6月1日現在

 <売店の冷蔵庫にある商品は○・
冷蔵庫に無い商品は×

<税込み金額です。>
 
みょうがのかす漬
380円
 みょうがのしば漬
380円
みょうがのべに漬
(季節商品×)
380円
赤カブラ
(季節商品○)
 380円
 
ゆるぎかぶ
(季節商品×)
380円
実さんしょ
(季節商品×)
380円 
葉さんしょ
(季節商品○)
380円
食用野あざみ
(季節商品×)
380円
 
野ぶき
(季節商品○)
380円
かぶら
(季節商品×)
380円 
うりのかす漬
(季節商品×)
380円
きゅうりかす漬
(季節商品×)
380円
 

 わさびのしょうゆ漬
(季節商品○)
380円
  わさびのかす漬け
(季節商品×)
380円
ゆずみそ
(季節商品○)
380円
 
奥伊吹甲津原味噌

800cパック入り(○)
 570円 

奥伊吹甲津原味噌

500cパック入り(○)
  400円  
さんしょみそ
(季節商品○)
380円
梅  干
380円
       
  伊吹大根の酢漬け
(季節商品×)
 380円
伊吹大根のかす漬け
(季節商品○)
380円 
伊吹大根の酢漬け
醤油風味
(季節商品×)
380円 
赤カブラのかす漬け
(季節商品○)
3つ 1,000円 
   
とち餅(平餅)
(有る日と無い日があります)
380円 
 大豆あん入り
よもぎ餅
<日替わり商品です>
(有る日と無い日があります)
1個 130円
大豆あん入り
とち餅
<日替わり商品です>
(有る日と無い日があります)
1個 130円
 笹麦茶(クマ笹と大麦)
520円

漬物類は一袋に120グラム入っています
<ただし、種類によっては違う量の物もあります>


これらの商品は売店喫茶麻心magokoro
で土日祝日のみ販売しております


 
交流センターの建物です。

左の入り口で加工しています。
右の入り口で特産品の漬物などを
直売しています。

予約制(5個以上)山菜弁当
を作っています。

交流センター2階で召し上がって
いただけます。 

<収容人数は約50人です>

山菜弁当のメニュー  <税込み金額>
 
漬物寿司 430円
 (税込み)
 
赤カブラやなす、みょうがの甘酢漬け
食用菊などがのってあり、
漬け物のにぎり寿司です。 
 
新!山の幸弁当 1,100円
 (税込み)
<35人まで>
 
山菜ご飯または菊寿司

山菜天ぷら(ヨモギなど旬の山菜)

総菜(山ふき・山椒・椎茸など)

伊吹ハム

漬物(ミョウガのしば漬け・粕漬けなど)

清流御膳 1,620円
 (税込み) 
山菜ご飯または菊寿司

岩魚の焼魚

山菜天ぷら(ヨモギなど旬の山菜)

総菜(山ふき・山椒・椎茸など)

伊吹ハム

漬物(ミョウガのしば漬け・粕漬けなど)


 
岩魚御膳 2,200円 (税込み)
 
 ご飯(甲津原産コシヒカリ)

すまし汁(手作り豆腐・シメジ等)

造り(岩魚)
<センターで召し上がる時>

焼き魚(岩魚の塩焼き)

天ぷら(ヨモギなど旬の山菜)

惣菜(山ふき・山椒・椎茸・ゼンマイ・
    山みずななど)

伊吹ハム

漬物(ミョウガのしば漬けなど)

*これら全て各5個以上で予約を承っています。

*湖北は配達もしています。

    <遠方は要相談> 

◎ 交流センター2階で山菜弁当をお召し上がりのお客様、
食事の後に、又会議の席に
飲み物はいかがでしょうか。

コーヒーかゆずティー ・・・ 350円 です
5人以上50人以下
<併せて予約願います>

甲津原漬物加工部 
 住所 〒521−0301
    滋賀県米原市甲津原1753
     (甲津原交流センター内)
     
代表 山崎 トミ子
      п@  自宅  0749−59−0225
     
携帯電話   090−4031−8202
  山菜弁当・漬物寿司

予 約 制
 090−4569−4962
 <弁当担当 姉川>
(受付時間 8時〜18時) 

                    
営  業  日 火曜〜日曜
<5個以上(要予約)>
営 業 時 間 10時〜16時
定  休  日 月曜・年末年始

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置