伊吹山のことならお任せ
伊吹山文化

資料館

廃校を利用した手作り資料館

 廃校を利用した手作りの資料館― 滋賀県の最高峰であり、さまざまな学術研究の宝庫として知られている伊吹山(標高1377m)の麓に、平成10年(1998)3月にオープンした市立の資料館です。「伊吹山地とその山麓の自然と文化」をメインテーマに、伊吹山の自然に関する化石・草木・発掘で明らかになった考古資料、そして山麓に暮らした人々の生活用具・生産用具を展示しています。

 開館に向けて、伊吹町(当時)では平成9年4月に公民館講座の受講生(町内の60〜80歳の男女14名)を主体に「資料館づくり友の会」を結成。以後、毎週土曜日に集まり、民具や資料の分野ごとの仕分け、清掃・改修作業、そしてアイデアを出し合って、実際の展示づくりをおこないました。たくさんある模型は職員やメンバーの手作り。現在も「資料館友の会」として大活躍(23名)。平成15年(2003)6月、文部科学省「全国廃校リニューアル50選」に県内で唯一選ばれました。

ご案内
大平観音堂「円空作十一面観音立像」の拝観  【変更されました!
※2014,4月から、毎月第1・3日曜日午後のみの拝観となります。
※拝観には、必ず予約が必要です(0749−58−0252 資料館)
※資料館のすぐ近くですので、資料館にもぜひお立ち寄りください。



   企画展     

第118回 企画展
倭姫の足跡

―伊勢神宮を定めた斎王―


2016.1.9→2.28

三重県立斎宮歴史博物館提供

   〒521−0314 滋賀県米原市春照(すいじょう)77番地
TEL/FAX 0749−58−0252 E-mail mt.ibuki-m@zb.ztv.ne.jp http//www.za.ztv.ne.jp/mt.ibuki-m/
指定管理者 (公益財団法人)伊吹山麓スポーツ文化振興事業団