年間7回開催!

企画展


第124回企画展


生きものたちのにぎわい


―伊吹山を知るやさしい「生きもの学」―


2016.11.19(土)〜2017.1.29(日)

  伊吹山の多種多様な自然環境と生きもの、そのすべては私たちが生きていくうえでかけがえのない存在です(生物多様性)。季節の移ろい、鳥たちのさえずり、草木のざわめき、渓谷にすむ魚たち、そんな身の回りの素晴らしい自然に目を凝らし、耳を澄まし、いろいろな生きものたちのにぎわいを感じてみましょう。
 そんな思いで、“伊吹山大探検シリーズ”と銘打ったコンパクトな冊子が‘地学の本’(第1弾/平成27年)‘生きもの学の本’(第2弾/平成28年)として保全団体「伊吹山ネイチャーネットワーク」から発行されています。さらに‘ひと学の本’発行も予定されています。専門の研究者が、独自の視点から伊吹山を見つめ、やさしく解説しながらも、伊吹山の現状について課題も提起されています。
 今回の企画展では、監修者および発行者のご協力を得て、‘生きもの学’を、写真や図版、現物資料などで紹介します。
 まず地域(ここでは伊吹山)の生物多様性に気づき、それらを大切にすることからはじめてみませんか。すでに、伊吹山では、損なわれつつある生態系を修復し、再生する取り組みもはじめられています。