年間7回開催!

企画展


第130回企画展


伊吹山 花だより


―加藤利秀・加藤征子写真展―


2017.11.3(金)〜12.24(日)

 伊吹おろしの寒風も収まるころ、伊吹山を愛する人々は開山日が待ち遠しいものです。それほど魅力的な山なのです。
 伊吹山の頂上から見わたす限り裾野は緑がいっぱい広がっています。伊吹山は水を生む山といわれており、山に降った雨や、雪解け水が周りの川に流れ、湧水となって出で、田畑をうるおしています。
 また、伊吹山は修行の山として役行者をはじめたくさんの人たちが修行したといわれ、最終の修行場は山頂であり弥勒堂があります。
 こうした歴史を有して「歴史の山100選」に、また「日本百名山」にも数えられ、しかも山頂一帯の草原は、美しい花々が咲きほこる薬草の宝庫であり、国の天然記念物に指定されています。
 その草原に咲く個性豊かな美しい色の花々は、山頂に訪れる人々を清涼感とともに出迎えてくれます。
 今回の写真展は、その美しい花々を主役にして展示いたしました。脇役として3コースの登山道から眺めた風景、そして伊吹山に住む「生きものの姿」などを展示しています。さらにドライブウェイから見る日の出の光景、春夏秋冬の伊吹山の姿もご紹介します。(加藤利秀 加藤征子)