(ボランティア・サークル)
ボランティア・サークル 津おもちゃ診療所
HOME 受診案内 活動予定 活動記録 診療所規約 リンク集 掲示板 問い合わせ

 活 動 内 容 案 内 

津おもちゃ診療所は
『おもちゃの修理を通じて、子供たちの「物を大切にする心」「科学する心」を育てると共に、
ボランティア活動」の啓発を行う。』
ことを目的にして活動しているボランティア・サークルです。 
目的を達成するために次に示す活動を行っています。「2010/08/30現在」

「子育て支援」おもちゃ診療所の開院 定期診療・臨時診療・往診を行っています。
「子育ち応援」おもちゃ修理チャレンジ教室 希望により開講します。
「(セカンドライフ)シニア応援」ボランティア教室 希望により開講します。
おもちゃドクター養成講座 必要または希望により開講します。
おもちゃ診療所・新規立ち上げ支援 県内のおもちゃの病院が協力します。
津おもちゃ診療所掲示板の設置 自由に活用してください。
関連団体や活動への参加・登録 協力・協働を行っています。
その他、必要に応じて新たな活動も行います。

活動の活性化のために、
 診療所のスタッフ(ドクター・ナース・受付・など)を、随時募集しています。
 不要になった壊れたおもちゃの提供を、お願いしています。
 
 
「子育て支援」おもちゃ診療所

 乳幼児〜小学生対象のおもちゃの診療(修理)をボランティアで行っています。
 診療(修理)代は無料ですが、部品が必要になった場合は部品代のみ頂きます。
 詳細は、受診案内をお読みください。

 ☆定期診療所:毎月第3土曜日 13:30〜15:30「橋南市民センター」

 ☆はぐはぐ分室:毎月第3土曜日 10:00〜12:00 子育て応援広場‘はぐはぐ’
            (ジャスコ久居店1F)(概ね0・1・2・3歳のお子さんとその保護者)

 ☆桜田分院:火、木、土の9時〜18時電話予約のみ、Dr.岡田宅 рQ26−6554

 ☆臨時診療所:子育てイベント・環境イベントなどで臨時に開院します。
            開院の日時は、活動予定で確認して下さい。

 ☆往診  :子育てサークル・子育て支援団体さまへは、往診も行なっています。
    (概ね30Kmまで原則無料です。遠距離の場合はガソリン代の補助をお願いします。)

 設置基準

・小規模の場合、事務机1〜3卓・椅子3〜6脚(ドクター1〜3名)
・中規模の場合、事務机6〜12卓・椅子6〜12脚(ドクター4〜8名)
・電源、コンセント1箇所必要です。
・車の乗り入れが必要です。工具・入院おもちゃの搬出のため。
・入院おもちゃの返却業務をお願いします。返却場所の確保が必要です。
・診療所名を新規に指定する場合は新規カルテ作成費用が発生します。

 ☆臨時診療所・往診の依頼はおもちゃ診療所設置基準を参考にしてください。
   「問い合わせ」より申し込んでください。(希望に沿えない場合もあります。)

 おもちゃ修理体験コース
 おもちゃ診療所開院に併設しますが、行えない場合があります。

  ・壊れたおもちゃを持参ください。新しい電池を持参ください。
  ・手持ちの工具をお持ちください。(無い場合は貸し出します。)
  ・簡単な勉強をしていただきます。10分程度
  ・修理の体験をしていただきます。(ドクターが指導しますので安心です。)

このページの最初へ

 
「子育ち応援」おもちゃ修理チャレンジ教室

 子供たちの「物を大切にする心」「科学する心」を育てるための教室です。

 授業内容
  ○ 講義:修理を行う場合の心得など基本的なことを勉強します。
         「希望により環境に優しい生活のことも勉強します。」
         講義時間・30〜60分
  ○ 実習:工具・テスターの使用方法を勉強します。
         持参したおもちゃを実際に修理します。
         実習時間・2時間程度
         
  ☆準備するもの:講義で使用するプロジェクターまたは大型テレビ
             (準備不可の場合はレジメ対応)
    参加者各自で準備:壊れたおもちゃ、手持ちの工具、筆記用具、テーブル保護用の敷き布

このページの最初へ
 
「(セカンドライフ)シニア応援」ボランティア教室

 「ボランティア活動」の啓発を行うための教室です。(シニア以外でもかまいません。)

 授業内容
  ○ 講義:ボランティアの心得などと、修理の心得など基本的なことを勉強します。
         「希望により環境に優しい生活のことも勉強します。」
         講義時間・30〜60分
  ○ 実習:おもちゃ診療所の受付実習と診療の手伝いまたは見学をします。
         実習時間・2時間程度
         
  ☆準備するもの:講義で使用するプロジェクターまたは大型テレビ
             (準備不可の場合はレジメ対応)
    参加者各自で準備:筆記用具
  ☆ 実習を行うために、講義終了後に臨時のおもちゃ診療所を開院します。
       一般の方を対象とする場合は、おもちゃ診療所開院の準備もお願いします。
       参加者のみで行う場合は、壊れたおもちゃを各自持参してください。

このページの最初へ

 
おもちゃドクター養成講座


 ○おもちゃドクター体験教室:おもちゃドクター養成講座を簡略化した、体験教室です。
         おもちゃドクター入門講座初級編抜粋と修理概論などの座学
         基本実習、簡単な工作、簡単な診断・治療の体験
         4時間程度で行えますが、午前に座学、午後に実習・体験を推奨します。
         治療体験用の壊れたおもちゃの準備が必要です。

 ○初級・実践コース:新規開院援助、ドクターの短期養成を行います。
        
おもちゃドクター入門講座初級編と修理概論などの座学
         基本実習、簡単な工作、診断・治療の実践
         おもちゃ診療所開院実践
        1回2〜3時間で6回以上の開講を基本とします。
        (1日に2〜3回分の講義が可能です)

           参考:3日間コース概略へ

 ○スキルUP講座:現在準備中です。
      スキルUPを目指すおもちゃドクターのための講座です。
         おもちゃドクター入門講座中級編・上級編座学
         電子回路の診断実習、補強方法の実習など
         希望により、診断機器を製作します。(材料費実費が必要です。)

 講義(座学)は、プロジェクターを使用します(少人数の場合除く)。

このページの最初へ
 
おもちゃ診療所・新規立ち上げ支援

 新規におもちゃ診療所を立ち上げた場合、ドクターを派遣して支援します。
 おもちゃドクター養成講座を開き、ドクターの養成を支援します。
 責任者が決まれば、ドクター経験者がいない場合でも、立ち上げ可能です。

 ○津市内、近在の場合、ドクター不在でもドクター派遣により新規開院可能です。
 ○遠方の場合、おもちゃドクター養成の見込みがあれば、新規開院可能です。

このページの最初へ
三重県内でおもちゃ診療所を新たに立上げたい方、応援・協力いたします。
子育てサークル・子育て支援団体さま、往診いたします。(希望にそえない場合もあります。)
問い合わせより連絡してください。

おもちゃの診療は、常に新しい喜びとの出会いです。
適度な刺激を脳や運動神経に与え、若若しさを保ちます。

津おもちゃ診療所掲示板
 
おもちゃに関すること、ボランティアに関すること、伝えたいことなどの掲示や連絡に使用してください。
 (内容が本ホームページにそぐわない場合は、予告無く削除いたします。)

このページの最初へ

関連団体や活動への参加・登録

関連団体との協働や協力により、おもちゃ診療所の活動を活発化させています。

三重・おもちゃの病院連絡会事務局を行っています。
津地区ボランティア連絡会に参加しています。
津市ボランティアセンターに登録しています。
津市 市民活動センターに登録したいます。
みえ市民活動ボランティアセンターに登録しています。
みえ次世代育成応援ネットワークの地域会員です。
三重県子育て情報交流センターに子育て支援団体登録してます。
MAPみえこどもの城のイベントに協力しています。
その他、色々な団体やイベントに協力しています。

このページの最初へ
HOME 受診案内 活動予定 活動記録 診療所規約 リンク集 掲示板 問い合わせ