〔カエルリョク〕No.3 Summer 2009
特集:農学博士・小泉武夫氏に聞く
発酵が世界を救う

‥日本酒を始めとする日本の発酵食品は、水、米、塩、魚など、土着の地形や
気候風土が生み出す食材なくしては生まれなかった産物だ。
そもそも地産地消の最たるものであった‥


‥賎ヶ岳に隔てられた琵琶湖とは、大きさこそ異なるけれども、
余呉湖もまた、地域の人たちに豊かな魚食文化をもたらしてきた恵みの湖だ‥


‥「なれ鮓」は奈良時代にはすでに作られ、神さまに捧げられていました。
微生物のことなど、人々は何も知らない時代に発酵食品は誕生していたんです。
驚くべき日本人の知恵ですね。
発酵食というのは、日本独特の気候風土、微生物、
そして主食の米があって発達してきたものです。

‥発酵は、これから本当に面白い時代を迎えると思いますよ。僕はずっと発酵による革命、
FT革命(Fermentation Technology)というものを提唱し続けているんです。
FT革命、これはオールマイティです。
発酵が人類を救うというのは、これは当たり前のことでね。
発酵というのは生き物ですから、地球に優しくて人間にも優しいんです。
FT革命で取り組む大きなテーマのひとつに、まずは環境問題の解決ということがあります。
‥それは、廃液を川に流す前に地上で有機物を微生物に発酵処理させて
きれいにしてから川に流しているからです。
環境問題のひとつは、発酵によって消えたわけです。
けれども今の我々が抱えているもうひとつの大きな問題はゴミ処理の問題です。
‥だから、ゴミは発酵させて、堆肥にして土に戻せばいいの。
これなら金もかからないし、発酵した土は一部有機農業に使って、
余ったら残りは山に戻したらいいの。そうしたら山が豊かになるし
その下の川や海が豊かになるし、畑や田んぼまで豊かになるでしょう。
‥そこにFTの最新技術を取り入れることで、わずか25日で
完熟堆肥を作ることも可能になったんです‥
‥数々の発酵食品がみんな微生物で発酵させているんですから、
人間の健康や栄養状態を発酵で改善することも可能です。
発酵は医薬品の分野にも大きく関わっていて、ペニシリンなど
多くの抗生物質も発酵の力を利用して作られたものです。
‥さらには、人間の食糧問題。これからは微生物を食べていく、
菌たんぱく質を食べていく、そういう時代が来ると思いますよ。
‥微生物の力でエネルギーが得られる研究、さらに無公害のエネルギーを生み出す研究が
どんどん進んできているんですよ。
まさに、発酵は人類を救うんです。

(掲載の一部を掲載させて頂きました)

滋賀県伊香郡余呉町川並1408
Tel  0749-86-4045