ほうじ茶のおいしい淹れ方

◎沸騰したお湯を用意します。
 お茶のおいしさは水で大変左右されます。沸騰したおいしいお湯を用意します。



◎お好み量の茶葉を急須に入れます。
 茶葉の量は、二人分で大さじ一杯程。

◎用意したお湯を急須に注ぎいれます。
 煎茶の場合は少し冷ましたお湯を用意しましたが、ほうじ茶の場合は冷まさずに注ぎいれたほうが、ほうじ茶の味がよく出ます。

◎急須の中の茶葉が開いたら、湯飲みに均等に注ぎいれます。
 茶葉が開くまで1分少々。

風邪をひいて、喉が痛い時におすすめ
ほうじ茶に梅干をいれ、お箸で崩しながら飲むと喉の痛みが和らぎます。
梅の殺菌効果とほうじ茶の優しさが風邪で弱った体をいたわってくれるようです。

◎充分に沸騰させたお湯を少し冷まします。 
 
 お茶のおいしさは水に大変左右されます。一度沸騰させたおい しいお湯を用意します。
 少し冷ますときは、湯飲みに移すと約10℃下がります。
 煎茶の旨みを引き出すお湯の温度は70℃から75℃くらいです。

◎急須にお好みの量の茶葉を入れお湯を注ぎます

 茶葉の量は、二人分でティースプーン2杯程度です。

◎急須の中の茶葉が開いたら、湯飲みに均等に注ぎいれます。
 
 葉が開くまで約1分程。均等に注ぎいれるには湯のみに1→2→  3と淹れたら3→2→1と淹れます。

◎二煎目は一煎目よりやや熱めのお湯を注ぎ、抽出時間も短め にします。
煎茶のおいしい淹れ方

おいしいお茶を淹れるには、おいしい水が不可欠です。
ミネラルウォータで淹れる際は硬度に注意しましょう。
日本の水は軟水なので国産のミネラルウォーターがおすすめです。
欧州産のミネラルウォータは硬水ですので、お茶を淹れるのには適しません。
(ミネラル分が多すぎて、お茶の風味が出にくくなります。)

また、水道水を使う場合は、必ず沸騰させてから、適温に冷まします。
長時間の沸騰(5分以上)は水に含まれる酸素が欠乏してお茶の香りや風味が少なくなりますので沸騰したら火を止めます。

◎沸騰したお湯を用意します。
 お茶のおいしさは水で大変左右されます。沸騰したおいしいお湯を用意します。

◎お好み量の茶葉を急須に入れます。
 茶葉の量は、二人分で大さじ一杯程。
 ミルクティの場合は少し濃い目に抽出すると紅茶の香りが引き立ちます。

◎用意したお湯を急須に注ぎいれます

 ほうじ茶同様、熱湯を注ぎいれた方が紅茶の香り、味がよくでます。

◎急須の中の茶葉が開いたら、湯飲みに均等に注ぎいれます。
 茶葉が開くまで1分少々。

お好みでスパイスを入れると、エスニックなインド風紅茶が楽しめます。

また、生姜をすりおろして入れると体の芯から温まります。



紅茶のおいしい淹れ方