美杉の自然と快適さを取り入れた産直オーダーハウス
   美杉の家  
   お問い合わせ住まいのQ&Aアクセスマップ
【TOP】概要美杉の家づくりTopics美杉材の魅力美杉の家ギャラリーオーナーからの声
   住まいのQ&A
〜お客様からの“よくある質問”とその“答え”〜


   :美杉の家建設会社が使用する住宅建材はどのような木材ですか?   
     
     
自然に恵まれた美杉には、木に適した気候と風土が育んだ高品質な杉やヒノキがあり、建材には美杉が誇るそれらの「葉枯らし材」を使用します。
※「葉枯らし材」についてはコチラ

   : 住宅建設に関する相談はできますか?   
     
     
美杉材の特徴を知り尽くした一級建築士による建築相談が可能です。


   :木の家は燃えやすいというイメージがありますが、大丈夫なのでしょうか?   
     
     

  木造住宅は他の材質と比べても、けして火事に弱いという事はありません。鉄やアルミは伝熱速度が速く、高温になると急激に強度が弱くなって曲がることがありますが、木は燃えても燃焼スピードが遅いうえ、表面だけが炭化して中心に熱が伝わるのを防ぎます。

   :木の家にもシックハウスはありますか?   
     
     
木材の家は、有害な化学物質を放出することがないので、シックハウスの問題はありません。それを裏付けるように、木が多く使われていた家が多かった昔には、シックハウスの問題はありませんでした。

   :建設後、補修等の対応は?   
     
     
建設を担当した工務店が責任を持って対応させていただきます。
また、急な修繕で、担当した工務店が対応できない場合でも、当社のネットワークによって迅速に対応できます。

   :住宅の建設を施工するのはどのような業者ですか?   
     
     
どの業者も十分な住宅建築実績と卓越した技術を持っています。また、基礎工事・左官工事・水道工事などについても当社で責任を持って実施致します。

   :美杉の家建設会社が持つ住宅建設技術とは?   
     
     
日本建築の在来工法。
日本の気候や風土に適した人にやさしい家づくりをしています。

   :木の家を建てることは、環境破壊などにつながりませんか?   
     
     
木が伐り出されて環境が破壊されるのは主に熱帯雨林のことで、日本の森林は木を適度に伐り出すことで生態系を維持しています。森林を育てながら得ることのできる木材(木造住宅)は、鉄などを製造するよりもはるかにエコロジーなので、年々関心が高まってきています。また、木はリサイクルできる素材。使われた後も建材・家具・燃料などに使うことができます。

   :特徴のあるオリジナルの家を建てたいのですが、可能ですか?   
     
     
他の工法と比べ、木の家は変化のあるデザインが可能です。工夫次第で自由にデザインでき、そのうえインテリアにも制約を受けることがない木の家は、理想に合った住宅を建てるのに最適です。

   :木の家は、騒音などを防ぐことができますか?   
     
     

木には、人が不快に感じる高音域・低音域を吸収する働きがあります。
そのため、木の家には吸音効果があり、外部からの嫌な騒音などを防ぐことができます。


  
   :木の家は腐らないか心配です。   
     
     
木の調湿性によって木の家には結露ができにくく、ちゃんと空気を晒すように建てられていれば、腐ることはありません。

   :木というと、虫に弱いイメージがあるのですが…   
     
     
木の家には、ダニ・カビ・殺菌の増殖を抑える効果があります。それは、木自体が微生物から身を守るために、消臭・殺菌効果のある成分を放散しているからです。白アリの発生を抑える効果もあります.
<<前のページへ
【TOP】概要美杉の家づくりTopics美杉材の魅力美杉の家ギャラリーオーナーからの声
Copyright (C) 2005 Misuginoie. All Rights Reserved.