トップページ 飼育紹介 事業紹介 鴨すき 真鴨のページ 商品紹介 注文方法  
特産品販売 岬のページ 観光情報 リンク・地域 Q&A オンラインショップ

真 鴨 のページ

真 鴨(別名「青首」) ガンカモ目ガンカモ科
10月半ば〜冬鳥として渡ってくる。場所はロシア、中国北部からが多いようです。少数が高地湖越夏、繁殖している。滋賀県の山東町にある三島池は、自然繁殖地として県指定の天然記念物になっている。
 大 き さ  L、雄65cm 雌53cn  W、85〜99cm カラスくらいの大きさ。
オスはメスに比べて一回り大きい。
 鳴 き 声  おすはグェグェというしわがれ声。めすはグワックワックワッと大きな声で鳴く
食 べ 物  イヌビエや落穂、水草などを好んで食べ、昆虫やエビなどの動物質のものも食べる。主に夜行性で昼間は寝ている事が多い。繁殖期が近付くと食性が変わり、穀物などはあまり食べなくなり、小エビ、虫、小貝等の動物性の物を食べる。

特  徴 カモ類の中では大型で肉の味が良い。雄の首には白い帯があり、頭部は光沢のある緑色で光線の具合によって黒く見えたり、紫がかった青に見え大変きれいです。胸の部分は茶色で腹に掛けて白っぽい色をしています。真鴨の雄の特徴として尾の上部2箇所上に向いて毛がカールしています。雌は全体に茶褐色の羽で覆われ地味な色合いです。
生  息 日本で見られる真鴨の殆どは冬鳥で旅鳥(渡り鳥)で寒い北方から11月〜2月に掛けて越冬のために日本に来ます。本州以北で少数ですが繁殖しています。基本的に淡水カモ類で湖、沼、池、川、内湾などに居ます。昼間は水面で生活し、夜間に水田や岸辺、湿地などで餌をとります。
  仲  間 水面採餌ガモ
真鴨、カルガモ、コガモ、トモエガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ヨシガモ、オオヨシガモ
水中採餌ガモ
スズガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ

鴨の里の会の真鴨の成長






















鴨の里の会の真鴨も野生の天然真鴨同様の特徴をもっています。当会では常に天然の血にこだわり、養殖とはいえ常に野生の真鴨を入れて繁殖しております。そのため産卵期も天然同様春の時期年1回しかありません。
真 鴨?
合 鴨?
アヒル?
簡潔にいうなら、真鴨は野生種で真鴨を家禽化したものがアヒル(家鴨)で真鴨とアヒルを掛け合わせたものが合鴨です。アヒル、合鴨は年中産卵し年中食べることが出来ます。
真 鴨?
本 鴨?
真鴨と本鴨は同じものではありません。真鴨は野生種ですが本鴨という種類の鴨はいません。商品名として使われている事が多いように思います。
 原産地 当会の真鴨は基本的に全て当会運営の飼育場で孵化・飼育したものですが、新潟県の卵、ヒナ、委託飼育場で委託飼育した真鴨も使用しております。


有精卵
ヒ  ナ
真鴨の有精卵、ヒナをご入用の方は、お早めにご予約ください。
有精卵は4月上旬〜6月上旬  ヒナは5月中旬〜7月初旬です。

(産卵数、孵化数により販売できない場合があります)

ップ 飼育紹介 事業紹介 鴨すき 真鴨のページ 商品紹介 注文方法 特産品販売 岬のページ 観光情報 リンク Q&A オンラインショップ
北びわ湖西浅井の真鴨  鴨の里の会


の里の会公式ホームページ since2001.3  Emeil magamo.shiga@nifty.com