トップページップ 飼育紹介 事業紹介 鴨すき 真鴨のページ 商品紹介 注文方法  
特産品販売 岬のページ 観光情報 リンク・地域 Q&A オンラインショップ

事業紹介のページ

第一飼育場遠望 第一飼育場より奥琵琶湖を望む
飼育場遠望 飼育場から奥琵琶湖を望む(写真)

真鴨の雄 真鴨の雄です。緑の頭と首の白い線が特徴です。
そのため真鴨の雄は別名「青首」と呼ばれています
真鴨の雌 鴨の雌です。雄と違い全体的に地味な色合いです。
鳥類は真鴨に限らずほとんど雄がきれいな色合いをしているようです。
その他の写真はこちら

   
 鴨の里の会事務所兼処理施設です!  奥びわ湖パークウェイ菅浦、この看板が目印。

鴨の里の会概要
名   称 鴨の里の会
所 在 地 滋賀県長浜市西浅井町菅浦563
代 表 者 藤川 浩
設   立 昭和57年(1983)
施設規模 飼育場3  処理場1  直売所2
事業種目 真鴨養殖  真鴨処理、検査、加工
真鴨販売【小売及び卸し】
認可項目
【免許】
・食肉処理業免許
・食肉販売免許
・食鳥処理加工認可
・食鳥処理加工施設適合認可
・食鳥処理衛生管理者免許 2名
・食品衛生指導員 1名


「鴨の里の会」年 表
1981年 真鴨の養殖を農業新聞で知り鳥取県等へ視察に行く。
1981〜82年 当地で養殖が出来るか研究する。
1982年 事業開始に向けて飼育場などの造成、竹や間伐材などで餌小屋、囲いなどを造る。
1983年 飼育に向けて資格、認可を取り、ヒナを仕入れて200羽から真鴨の養殖業を始める。親を残し120羽を無償で試食をしてもらい好評を得て自信を持つ。
1984年 初めて産卵ヒナの孵化をし、飼育羽数を1.000羽にして販売業務もはじめる。
1985〜1988年 飼育羽数を徐々に増やしながら研修活動を行い、品質向上に努め、販路も開拓していく。
1990〜1993年 飼育数拡大のため飼育場の増設工事をする。
宅配業務にも本格的に取り組む。
食鳥処理加工に基づく法律により衛生管理者等の資格・免許を所得する。
飼育羽数を固定し更なる品質向上に努め、飼育池、運動広場の改装なども行う。
1995〜1996年  宅配業務が順調で飼育羽数も徐々に増やしながら、視察研修なども行う。
1997〜1999年 宅配業務の機械化、飼育池の給水設備の改善等、飼育場の全面改装に向けて研修・勉強を行う。
2001年 飼育場の全面改装工事を行い、新たな販路開拓も行う。
飼育数を4.000羽前後にして、理想の真鴨造りに努める。
2002年 鴨の里の会のホームページを開設する。
2004〜2005年 運動広場の全面的な改修、山砂の入れ替え、川の拡幅、山水の引き入れ工事など。
2008年 飼育場内の池の拡張、川の増設工事、砂の補充、整地工事
2010年 鴨の里の会事務所兼処理施設新築移転



アクセス  西浅井町菅浦「鴨の里の会」まで   《詳しくはこちら
    北陸自動車道木之本ICから
    北陸自動車道長浜ICから
    今津から
    敦賀市から
車で約30分【奥琵琶湖パークーウエイ経由50分】
車で約50分【奥琵琶湖パークーウエイ経由70分】
車で約30分【海津大崎経由35分】
車で約40分【国道8号線経由】
    直売所   鴨の里の会事務所兼直売所 西浅井町特産品売り場 『水の駅』(鴨肉の販売無し)
11月〜2月(休業日毎週 火、水曜日)   9:00〜16:00

      真鴨の羽毛をお譲りいたします。【詳細はお電話でお問い合わせください】
 
トップ 飼育紹介 事業紹介 鴨すき 真鴨のページ 商品紹介 注文方法 特産品販売 岬のページ 観光情報 リンク Q&A オンラインショップ
北びわ湖西浅井の真鴨  鴨の里の会

の里の会公式ホームページ since2001.3Email magamo.shiga@nifty.com