南紀 和歌山発

神実(カムミ)農園だより

 

(2000年4月より 

北陸で借農地8年

 

その後南紀に

移動。自前の農地を取得後10年目)

 

子育て終了後の田舎暮らし通算18年目

 

 

長年,ワクワクドキドキで

幸せを呼び込んでくれた農の暮らしが

ここ数年で 変化してきた

 

3頭の犬を 老衰で相次いで亡くした後

気が付くと 

猿,猪,鹿に完全包囲されており

 

動向はいつでも監視されており

周囲1キロの農園の4段の電気柵も

特攻獣に数週間に一度破られている

 

収穫間近の稲が猿の大集団に襲われ 

籾を食べ,全面踏み倒され 

排泄までし放題だと

売り物にはならず

臭くて口にも入れられず

 

大好きな稲づくりを2016年に終了した

 

畑は 畝の周囲と上部の完全5面囲いで  

破られても全面被害にならないように

 

小さな 畑とし

今や細々と作っている

 

ワナも鉄砲も免許が必要で

毎年鑑札の更新に2万円かかる

自給的農業に2万円以上の収穫はない

 

鉄砲もワナもタダではない

 

仕留めても さばくか 食べるか

それなりに 

難易度は高い 

 

無農薬農法で 近隣飛散のないところ

という 結構な立地が

獣害の最前線になってしまった

 

農園内に監視カメラを3台設置した

 

カメラは獣のあらわれる時間と場所を

撮影してくれるが

捕まえてくれるわけではない

 

ドローンの猛鳥ロボットが

猿を突っ突いて退治してくれる日は

くるだろうか

猛犬ロボットが 猿や猪,鹿を

追いかけて 走り回る日が

くるのだろうか

 

それが身近になったら

導入したいものだ

 

トホホの「農」でも

簡単にはやめることはできない

 

農ある暮らしには

命を 蘇らせてくれる

パワーがあるのだ

 

せっかく 大都会の暮らしを終わらせて

自分の田舎得たのだから

 

細々でも 何とか続けたいと思う

今日この頃なのだ

<平成29年の収穫品>

ニンニク 各種豆,野菜,みかん ゆず,レモン 柿

 

H29年12月30日

 

H28年11月15日

ニンニク栽培などに転向。猿はニンニク食べない

他に 鹿,猪,ハクビシン,イタチ,うさぎ,鳥対策

電気柵内の網

 

H28年9月1日 はじめての猿害発生 

30匹ほど田んぼに入られる 

この春より監視カメラ設置したので

数匹の姿ビデオ撮影されていた 

春には苗を鹿に食われ,秋には籾をしごいて食われ 

天敵増えたのか

イナゴがようやくいなくなったら猿

 

H27年8月16日

常駐イナゴが暴れだした日 この日以降 稲が食い荒らされ

収穫量は大打撃

 

 

H27年8月7日

 

26年12月1日

柵中の柵内で大麦づくり(電柵で猪,鹿 さらに網内でウサギよけ

DSCF8139

 

H25年12月5日 

 冬景色

 

H25年1月元旦

改築中の家の前で 工事は続くよ~ ♪

 

( ※ beforeは コレダ↓)

 

うっそ~!って? では途中↓

 

 

―――――――――――――

 

H24年8月

初めてイナゴの大群に襲われ 壊滅的打撃を受ける

(9月の収穫は いつもの1/3の収量) 

イナゴの大群に襲われた稲.jpg

 

H24年5月

忙しい春の景色.jpg

 

H23年9月

はさ干し

台風の長雨に耐えてくれた!

DSCF06352.jpg 

 

 

ゲスト用外部トイレ(水洗) 

DSCF0071.JPG

 

H21年4/26 小麦畑(南部小麦 パン,うどん用)

2009_05050901250028.JPG

 

※ブログ http://kamumi.blog24.fc2.com/ 

(※2007年~20113月までのブログhttp://blog.fideli.com/kamumi/