学校の特徴

1:所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大野2410−1
北緯33度40分3 東経135度51分1 海抜265m
2:名 称 那智勝浦町立色川小学校
3:創 立 明治8年1月11日
4:校 地 校地 3370u   グランド 1765u
5:建 物 北棟 木造2階建    610u    昭和38年5月完成
南棟 木造平 屋    370u    昭和38年1月完成    

保健室          57.75u    昭和50年6月増築
車 庫                    〃    〃

内 訳  普通教室(3),理科室・家庭科室,情報教室,ランチルーム,
      資料室,集会・音楽室,校長室,職員室,調理室,保健室・和室,
      別棟・・・・・便所,車庫,体育庫
6:地域の実態 (1)位置 那智勝浦町役場より約23km。標高270mに位置し、東に妙法山、南に太平洋を望む那智山系の南側に位置する。
  (2)学区
  世帯数 合 計
口色川 64 66 58 124
大野 50 46 57 103
熊瀬川 12 10 12 22
田垣内 30 31 29 60
坂足
樫原 11
直柱
高野
  合計 166 162 167 329
  (3)産業 第1次産業(山林業・農業)が殆どを占めている。シキミ(シキビ)栽培、海布丸太づくりなども見られるが、主に茶業(色川茶)と有機農業である。
最近道路が整備されつつあり、自然の景観を生かしたレジャー施設などが造られている。
  (4)歴史 熊野古道に近く、故事伝説、文化財も数多くある。
学校の創立は、明治8年1月11日。
過疎化のため昭和52年4月、籠小学校が本校に統合された。統合により、旧籠小学校校区の児童はスクールカーで通学している。
昭和52年より、都会からの移住者があり、有機農業等に従事している。
7:児童の実態及び家庭環境 保護者の職業は、農業・林業・団体職員・会社員・建築関係であり、その殆どの家庭が共働きである。
児童は、素朴で明るく、協力を惜しまず、仲良く学校生活を楽しんでいる。
8:地域別家庭数と児童数
       
地区 口色川 大 野 田垣内 熊瀬川 樫 原 合 計
家庭数 10
児童数 17