---イベント開催のお知らせ---

ほら吹きさん一枚岩へ集合

ほら貝吹きに古座川へ来てよ

日時2009年4月19日 午後4時集合 吹き始め5時から

場所古座川一枚岩 和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬290-2(わかやまけんひがしむろぐんこざがわちょうあいせ)

問い合わせ先主催:古座川街道やどやの会 一枚岩鹿鳴館(こざがわかいどうやどやのかい いちまいいわろくめいかん)
TEL 0735-78-0244

 今年もまた伝説の守り犬が現れる時期がやってきました。
 現代人もこの守り犬と一緒に現世の魔物を追っ払い、ストレスを発散してみませんか。
当日は法螺貝を趣味に吹いている方々に、古座川の一枚岩まで法螺貝持参で大勢吹きに来て戴きたくお願い致します。
魔物を撃退したという伝説の犬にあやかって、法螺貝の大反響で現代の魔物、ストレスを追っ払いましょう。
仙人が千人 一斉に魔除けのほらを吹きましょう。

年に2期(4月と8月の数日)だけ見られる一枚岩の犬の影、
夕方5時前頃から影が現れ約10分間ほど犬の形が見えます。

伝説
むかしむかし太地の海から上陸してきた“岩を食う魔物”が太地、下里、浦神と次々に岩を食いながら古座川までやってきた。あちこちの岩を食いながら魔物は次第に古座川を上流へと上って行き、やがて一枚岩までたどり着いた。魔物は今までに見たこともない巨大な一枚岩に大喜びで食らいついたが、一枚岩上流(蔵土/くろず)に住む犬がやってきて魔物を追い払おうと猛然と吠えたところ、一枚岩とその対面の岩山の滝に犬の声が反響しあたりに恐ろしい咆哮がこだましたため、魔物は震え上がって一目散に古座川を下って海へ逃げ去ったという。
一枚岩から下流には魔物に食われたという穴だらけの岩が数多く見られます。
一枚岩には魔物が食らいついた歯型が残っていて、魔物の悔し涙が滝になって流れるとも言われています。

イベント宣伝チラシを表示する